部屋ブタのベランダ農業日誌

ベランダ菜園と室内水耕栽培

今育てているもののまとめ

 

こんにちは、部屋ブタです。

今回は、今育てている、キャベツ、レタス、バジルについて、まとめてみようと思います。

キャベツ

アブラナ科多年草で品種によりますが、1年中栽培が可能です。

青虫(モンシロチョウの幼虫)、コナガ、ヨトウムシ等の害虫のえさになりやすいため、虫を最初から侵入させないよう寒冷紗などで覆うことが多いようです。

相性のよいものが、レタス、春菊、セロリ、ハーブ(タイム、セージなど)、ネギ、トマト、です。

  • レタス 青虫を遠ざけます。
  • 春菊  青虫を遠ざけます。
  • セロリ アブラムシを遠ざけます。
  • ハーブ(タイム、セージなど) アブラムシを遠ざけます。
  • ネギ  土壌病害を予防します。
  • トマト トマトの株もとで育てると過剰な日差しを遮ってくれます。またトマトの追肥で育ちます。

相性も悪いものが、イチゴ、ボリジ、ゴマです。いずれもキャベツの生育を悪くします。

レタス

 キク科の1年草または2年草で比較的涼しいところを好みます。

相性の良いものが、アブラナ科の野菜、玉ねぎ、にんじん、トマト、です。

  • アブラナ科の野菜 レタスが青虫を遠ざけます。
  • 玉ねぎ レタスの後に育てると育ちがよくなります。
  • にんじん 肥料を吸収する位置が違うので効率よく育てられます。
  • トマト トマトの株もとで育てると過剰な日差しを遮ってくれます。またレタスが地面をカバーするので根本の乾燥や地温の上昇を抑えられます。

相性の悪いものが、ネギ、スイカ、枝豆です。

  • ネギ レタスの生育を悪くします。
  • イカ レタスの後に育てるとうまく育ちません。
  • 枝豆  レタスの後に育てるとうまく育ちません。

バジル

シソ科の多年草(日本では越冬できないため1年草)です。

アブラムシを周辺の植物から引き寄せます。

水を多く吸収するため、水分が少ないほうが味の良くなるトマトと相性が良いです。

 

皆様の参考になれば幸いです。

 

 

 

コンパニオンプランツ コンテナでつくる家庭菜園

コンパニオンプランツ コンテナでつくる家庭菜園